アフターピルがあれば、もしもの時も安心できる

現在の治療方法

bad

うつの仲間である双極性障害というのは主に2つの治療方法があります。症状に合わせた治療が行われ、しっかり治療に取り組むことで今までと変わらない生活を取り戻せます。

この記事の続きを読む

処方されるお薬

	 curative

双極性障害ではお薬を使用した治療が行われます。その際、どういった薬が処方されるのか?治療薬の種類と特徴について紹介します。また、服用する際の注意もありますので抑えておきましょう。

この記事の続きを読む

生理が来るまで

medicine

アフターピルを服用し、避妊に成功したかどうかというのは生理が訪れたことによって確認することができます。しかし、生理が訪れるまでの期間には個人差があります。この差の理由とは?疑問を解消します。

この記事の続きを読む

緊急避妊薬

sad

避妊に失敗してしまった!そんな場合でもアフターピルがあるので安心です。性行為をした後72時間以内に服用することで妊娠を防ぐことができます。また、性行為をしてからアフターピルを服用するまでの時間が短ければ短いほど妊娠の確率を大幅に減らすことが可能です。
安心してセックスを楽しみたいという女性であればアフターピルに関する知識は豊富だと思いますが、そうでない女性は、どうしてアフターピルを服用すると避妊できるのか…?不思議に思いますよね。
ここで、簡単なアフターピルの仕組みについて学んでおきましょう。
通常、妊娠というのは受精をしてから7日かけて着床しますが、アフターピルを服用することによって子宮内膜を剥がす事ができます。そのため、アフターピルを服用した後というのは生理(月経)と同じ症状が訪れます。
ただ、生理が訪れるまでの期間には個人差があり、早い人では1週間後、遅い人では3週間後に生理が訪れると言われています。生理が来るまでの期間というのはドキドキしますが、アフターピルの用法用量をしっかりと守っていればちゃんと生理は訪れますので安心してください。
万が一、3週間経過しても生理が訪れない…、経血の量がすくない…という場合には妊娠してしまった可能性が高いので検査薬で確認をするようにしましょう。

アフターピルというのはあくまで緊急用の避妊薬です。そのため、本当に妊娠を望んでいないのであれば日頃から避妊対策をしっかりと行なうようにしましょう。最近では病院へ行かなくても個人輸入代行サイトで海外の安価で購入できるアフターピルや低用量ピルを購入できますので女性はチェックしておくと良いでしょう。